クレカの限度額がご自身がよく払う額より多めに決めいているとユーザーは余裕があると誤解し無駄にクレジットカードで払ってしまったりします。こういったカード使用過多を減らすために使用できる限界額を前もって低めに設定しておこう・・・というのが、これから記す文章の主題です。月ごとの限度額をコントロールする方法△クレカの限度額を減らすやり方は月の限度額の引き上げことと同じくシンプルです。利用カードの背面に書かれているサポート番号に問い合わせて「カードの限度額の引き下げをしてください」というふうにエージェントに依頼するだけです。おおむね今の利用限度額に比べて少なければ、特別な調査なしでその場で限度額の引き下げができます。月の利用限度額をセーブしておくのはお金を守ることとも繋がっている■カードの上限をセーブしておくことは自己統制等の効果以外に防犯にも影響します。もし仮に、大事なカードが誰かの手に渡り勝手に使用された場合でもカードの上限を低く押さえていたなら実害を可能な限り減らすこともできるためです。ここで言っておきたいのはクレジットカードが悪用されてしまった問題が発生してもクレジットカードの所有者に意図的と言えるような問題がないなら、盗難保険等で呼ばれる保険がユーザーを助けてくれるわけだから心配することではないんですが、万が一のことを考え必要のない月の限度額は下げるようにしておくなら安心でしょう。使うことのない利用限度額は良くないことなんです。