自動車損害保険には自賠責保険または任意保険という2個の種別が用いられています。任意保険も自賠責保険も、事態など備えたものですが内容や条件は細部において異なっているといえます。2つの保険をよく見ると補償の対象となる事象が多少異なってきます。※事故の相手に関しては任意保険、自賠責保険の両方で補償します。※自分に関しては、<任意保険>で補償されるようになっています。※自分の所有する財産については【任意保険】によってのみ補償します。自賠責保険それだけでは、自分へのケガまたはマイカーに関するサポートは受けることができません。さらに相手方への補償などの支援ですが自賠責保険ならば死亡時最大額で三千万円・障害が残った場合上限4,000万といった具合に決められています。ただし実際の賠償金がこの値段を凌ぐことは結構な頻度で起こり得ます。かてて加えて事故の相手の自動車または建築物を破損してしまったケースについては加害した者の自己補償になると定められているのです。そのためにも任意保険という別の種類の保険が大切だといえます。危害を受けた人の支援に重点を置く任意保険というものにも実はそれとは一線を画す役目があるのです。※事故の相手方へは、死亡時またはケガの他にも車ないしは家といった種類の私有財産を補償します。※自分自身に対しては、一緒に乗っていた人も入れて、死亡時ないしは傷を補償してもらえるのです。※自己が所有する財産へは車両を賠償してくれるのです。そういった様々な面についてサポートが充実しているのが任意保険の長所なのです。支払いは必要となってしまいますが相手方のためにも自分自身の安心のためにも、自動車に乗るならぜひとも任意保険というものに入っておいた方がよいでしょう。