クルマを運転している時、「クルマを持ったままで即日融資可」という立て看板やお知らせが目に付くことも多いと思います。このようなお知らせは、自動車を担保としてお金を融資する広告であることが多いと思います。車担保融資と言われている言葉は、聞いたことがあっても、実際にどんなキャッシングのされ方なのかあまり把握していない人もいるのではないでしょうか。車担保融資とは、それだけ有名ではない融資方法ともいえるかもしれません。車担保融資では、車を返済に行き詰った際の保険にすることで、車の現時点の査定額を出し、その金額の査定限度の中でキャッシングを行っているはずです。一般の中古車販売での査定と同様に、年式が経つ車や修復歴がある車であったりすると、査定金額が安くなってしまうことがあるはずですので車を担保として融資を受ける時には覚えておくといいはずです。車担保融資は、「車」という目の前に存在するするものを担保にする方法ですので、銀行などで借り入れがストップしている人でも即日、査定枠でのローンキャッシングを行えるはずです。そのうえ、銀行や貸金業者でのローンには色々な手続きの流れや面倒な審査などがありますが、愛車という自分が保有する価値のあるものを利用し、行うキャッシングですから、そういったものが要らないこともあるようです。近頃では、愛車を返済に行き詰った際の保険にしてキャッシングローンを受けても、クルマを現状と変わらなく使用することが出来る車を利用した担保融資も増えてきています。けれども、この融資方法の弱点としては、自動車の査定額にキャッシングの額も左右されますから、所有する自動車によって、本人が望む限度額のキャッシングを受けられないということもあると聞きます。愛車を返済に行き詰った際の保険にしますから、もし返済自体が出来ない場合は、すぐさま自動車を手放さなければならないという、デメリットです。自動車が生活の必要アイテムである地域では、愛車を、返済ができなくなった際の保障とする融資の方法は、結構リスクが大きいといえるはずです。