カードを利用していると毎月、加入カード会社から明細書の通知があります。楽天カード

ご利用明細をとっておけばどこで何時ごろ何にクレジットカードでどれくらい費やしたのかにかかわる詳細内容がリスト化されているため、これまでのそのクレジットカードを使った一覧を見るのがとてもわかりやすく使いやすい。

全く取って替えるにはちょっと不便と思いますが簡単な出納帳みたいなものに仕上げることも面白いし管理にももってこいです。

またカードご利用明細郵送されてからだいたい2週間程度で利用代金の支払いがされます。

だからその利用明細書を見比べて、感覚的に覚えのない場所、例をあげると申し込んでもいないサービスが書かれていたら指定の電話番号に連絡して調査してもらえば良いんです。

スキミングによる不正利用に類するあなた以外の人の利用が判明した時でもクレカユーザーに何か理由(落ち度)がないようなら、大多数の場合はクレジットカード会社がそのような異常な項目を補償してくれます。

今時はこのようなクレカの利用明細書をパソコン画面で見られるクレジットカードが普通になっています。

常時どのショップで何を購入したかを確認しておく決まりにして不正を防止することができるし、収支記録の代わりとなり資産管理なども一つで可能になります(ホームページで利用履歴をリストアップすることができるところは前の利用履歴やリボ払い適用の有無などが確認できます)。

クレカはこういった意味でも助けになる手立てなのです。