自動車重量税、別称重量税という税金は国産メーカーの車でも外国の車という愛車の国や電気自動車、セダンという自動車のタイプも関係なく、スバルやオペル、等でも通常納付が必要な税です。

新車を登録する時あるいは車検に出す際に支払うお金になります。

この税額はそれぞれのクルマのウエートにより定められています。

「自動車重量税」と「自動車税」という二つの税金は完全に異なる税金なので基礎を学んで一緒にしないようにしなければなりません。

「自動車重量税はクルマの大きさ毎に」「自動車税という税金は自動車の総排気量で」その額が異なります。

それにより買取する時の扱われ方変わってきますから注意しなければなりません。

自動車を売却する際には支払い済みの車の税額がいくらあってもその金額が還付されることはないです。

一方、自動車税の場合は支払った額を買取額に上乗せしてくれるという場合がなくはないですが、重量税の時は上乗せになるという場合は全然ないのです。

重量税については、車の売却時に支払い済みの額が残存していると言っても中古車専門業者側でその事実が材料になることはまずないのです。

そのため次回の支払い分かりやすく言えば次回の車検まで売却を保留し売却をするという手法が無駄がないでしょう。

中古車の買取の時は考慮してもらえないのが重量税ですが特定の場合だと戻ってくることがあります。

このケースは、車検期間が残存している自動車を廃車として処理する際です。

廃車申請をした時に残っている期間に応じて金額が返金されます。

ただ、自動車買取の時はその車が廃車されるのとは異なり返ってきません。

そして自動車の名義を変更してしまったケースや、盗難被害に遭った時なども返金してもらうことはできません。

自動車重量税の残っている期間がある愛車を売却するということは車検の効力がまだある車ということになります。

そういったことを買取側も計算に入れますので自動車重量税の残存期間があれば買取金額は上がると思います。

もちろん買取金額は店によって異なりますが、車検の効力がまだあることを考慮していただければ車の査定額と比較するとあまり払い損と考えることもありません。